乙女の映写室

好きな映画、特にキレイ・かわいい映画をご紹介します★

ヘアスプレー

監督:アダム・シャンクマン
出演者
ジョン・トラヴォルタ
ミシェル・ファイファー
クリストファー・ウォーケン
ニッキー・ブロンスキー

 

 


舞台は1962年のボルチモア
黒人差別がまだまだ色濃く残るこの地に、太っちょなヒロイン・トレーシーは住んでいる。

トレーシーはダンスが大好き。
ヘアスプレー会社がスポンサーをしているTV番組
「コーニー・コリンズ・ショー」に夢中。

いつか出演することが彼女の夢だった。

ある日、番組のメンバーに欠員が出たため
オーディションを開くと告知がある。
トレーシーも参加するが、太いことを理由に落とされてしまう。

彼女を落とした番組のプロデューサー・ヴィルマはゴージャスな金髪美人。
デブはダメ、黒人はダメ、目的のためなら何でもする悪女。



↑若かりし頃のヴィルマ。
彼女は枕営業でミスボルチモアの座を獲得した。

ヴィルマは、同じく金髪美人の娘・アンバーをえこひいきしてたくさんTVに映させたり、番組の大きなコンテストの「ミス・ヘアスプレー」に優勝させたりしようとする暴君的な存在。

トレーシーはオーディションに落とされてがっかりするも、あるとき彼女のダンスが「コーニー・コリンズ・ショー」の人気ダンサー・リンクの目に留まって番組に出られることに。

黒人差別、外見への偏見、コンプレックス・・・。
いろんな差別が盛り込まれています。

 



黒人グループのヒット曲を白人に取られるシーンは、ドリームガールズのモデルとなったスプリームスのエピソードを彷彿とさせます。

黒人さんたちのダンスはやっぱりバネが違うなぁと感じます。
最高にかっこいいし、楽しくなってくる!!

わりと黒人差別のエピソードもいろいろと出てきますが、主な登場人物の白人たちが変わり者だらけ(もちろん良い意味で)なので、重くならずハッピーに描かれています✨
トレーシーに拍手喝采したい!

いろんなドタバタがあるものの、愛があふれている最高に楽しいハッピーミュージカル映画です。
観ていると、どんどんトレーシーがかわいく見えてきます💛💛


まず冒頭からすでにウキウキっ(⋈◍>◡<◍)。✧♡
日常の音が音楽へと変わっていく。
みんながリズムに乗って生活しているとも取れるシーン。

ダンサーイン・ザ・ダークと同じ手法ですが雰囲気は真逆で明るいです🎶


そしてそして、トレーシーのママ役はなんと特殊メイクをしたジョン・トラボルタ様!

往年の大スターに何をさせているんだ(笑)。
字幕版を観たのですが、吹き替え版だったら声優さんは絶対に山寺宏一さんですね✨

ダンスも良いし、衣装もかわいいし、曲も抜群に良い!!
劇場で見たかったなぁ(*´・з・`)


一部を除いてみんなが幸せ過ぎて、完全にファンタジーなのですがこのようにとことんハッピーな映画が大大大好きです💛

どうして現実では全員がこんな風に幸せになれないんだろう。
みんなピリピリせずに笑えば幸せになれそうなのになぁ…。

 


↑↑
◆予告編◆

 

 

 

この映画は、もう1回見たくなったらDVDを購入しようと思います(`・д・´)✨