乙女の映写室

好きな映画、特にキレイ・かわいい映画をご紹介します★

ヴィオレッタ

監督:エヴァ・イオネスコ
出演:イザベル・ユペール、アナマリア・ヴァルトロマイ

実話を基にした衝撃的かつ
美しい作品です。


 



清楚系美少女のヴィオレッタ。



ヴィオレッタの母・アンナ。
彼女は売れない画家をしている。
なかなか家に帰ってこない。



ヴィオレッタは母親代わりのひいおばあちゃんと
ほぼ2人暮らし。

ひいおばあちゃんはヴィオレッタには優しいが、
放蕩者のアンナには口うるさいので
アンナは家に寄り付かない状態。

アンナの母は家出同然で全く家に近づかないという
ちょっと複雑な女だけの家族。



ひいおばあちゃんは敬虔なクリスチャン。
小規模ですが壮麗な祭壇がかわゆい(*´ェ`*)




売れない画家のアンナは絵を諦めて写真を始める。
ヴィオレッタをモデルにしたいと言う。



ヴィオレッタは母に喜んでもらうために
いろんなポーズを取り、
気味の悪い人形と一緒に撮影することも
我慢する。

母の愛情を得ようと、とても健気。



清らかで美しい美少女✨
その様は妖精や女神のよう…。




いろんなポーズの要求にこたえていきます。
アンナの着物の着こなしが素敵…★



美親子(〃▽〃)

おばあちゃんの選んだ服(一般的な服)を脱がせて
お姫様のようなレースのワンピースに着せ替える。

クラスの子たちには笑われるけれども
アンナに愛されたいヴィオレッタは
恥ずかしいと言わず気に入っているふりをします。



アンナはヴィオレッタを愛しているというけれども
愛情表現がうまくないのか、本当は愛していないのか
わかりにくい部分が多いです。

この雨のシーンは象徴的なように思います。

子供には傘をさしてあげない母親。

ヴィオレッタをモデルにした作品は
どんどん妖艶になっていきます。

アンナに喜んでもらおうと
ヴィオレッタもポーズを研究します。





大迫力の妖艶美少女。

 



かわいいぃぃぃ💗(*´∀`*)💗





でもクラスの子たちとはどんどん疎遠に。

そして作品はどんどんエスカレートして
ヌードにまで手を出し始める。

ヴィオレッタは、恥ずかしいことをさせるし
拒否権はないし、自分をダシにして作品を
売っているような母親に強く反発するようになる。
モデルもしたくないと拒否する。

しかしアンナは認めない。

やがて抗議運動が起こり親権裁判にまで発展。

「子どもに普通の生活をされば離れずに暮らせる」
と、生活指導員にアドバイスをもらうも
アンナは自分の作品はわいせつではなく
芸術だと思っているので納得が行かない。

でもヴィオレッタを手放したくはない。

ヴィオレッタに歩み寄ろうとしつつ、
ヌード写真を諦めきれない母親に
ヴィオレッタちゃん激おこ。
ヒステリーを起こす。



なんとかヴィオレッタ抜きで写真を撮ろうとするも
納得のいく作品ができない。

ラストは衝撃の事実が・・・。
結局母子は離れ離れになることに。


アンナは本当にヴィオレッタを愛していたと
私は思います。
でも自分が愛されたことがなかったので
愛し方がわからなかったのではないかな。

子どもらしさ、”普通”という感覚、愛情の示し方。
そういったものを知らずに育たのかもしれません。

でも当の娘であるヴィオレッタにとっては大迷惑。
そんな母親側の事情は、平たく言うと
「知ったこっちゃない」です。
不幸な娘がまた不幸な娘を生む。

悲しいモチーフではありますが美しい。
そして幼児ポルノを扱った作品ですが
美しい部分までしか踏み込んでいません。

冒頭で「実話を基にした」と書きましたが
ヴィオレッタはこの作品の監督自身のお話です。
あまりに赤裸々で嫌悪を感じさせるような
シーンというものはありませんので
女子にも安心してご覧いただけます。

考えさせられるストーリーと、
ただひたすら美しい母子の映像美。
美に耽溺できる1本です。


Amazon

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【新品】ヴィオレッタ DVD
価格:4104円(税込、送料別) (2017/7/12時点)


 

楽天

靴に恋する人魚

監督:ロビン・リー
出演:ビビアン・スー、ダンカン・チョウ

2006年公開の台湾映画です。

脚の病気で歩けない少女ドド。
寝る前に絵本を読んでもらうのが大好き。



歩けるようになるための手術をするも、
人魚姫のように脚の代わりに
魔女に声を取られるのではと不安になる。

麻酔を受けたときに出会った魔女は
声を取らなかった。
さらに助言をしてくれた。

「目が覚めると歩けるようになっているよ。
王子様もいる。
でも本当の幸せは白い羊と黒い羊をもつこと」

こうしてドドは目が覚めると(手術が成功して)
歩けるようになり、靴が大好きな女の子になる。



彼女のシュークローゼットは圧巻!
かわいい靴が満載です。

そんな彼女の靴と恋と幸せのストーリーです。


これは台湾映画です。
とってもかわいいお部屋や靴、ファッション💗
そしてかわいいビビアン・スーちゃん(*´ェ`*)



ドドのお部屋。
アンティークな机、ピンクのカーテンを引いた
靴専用のお部屋…💗
かわいいインテリアはマネしたくなります。




王子様の歯医者さん。
オレンジを基調とした元気でポップな色合いです。
映画の、こういう色彩感覚が大好きです✨(n´v`n)✨ 


テンポも良くて、登場人物も楽しい。
フランス映画のアメリのような雰囲気です。

かわいい映画好きの方なら間違いなく
楽しんでいただけます🎶



ドドの、白馬に乗った王子さまは
高橋克典さん系のイケメン俳優ダンカン・チョウさん。
歯医者さんの先生です。



彼は靴のこともドドのことも愛してくれる誠実な王子様。
彼の愛情がとってもかわいくてキュンキュンっ💗(*´艸`*)💗

しかし幸せ絶頂期に悲しい事件が起こります。
悲しくなるのですが、幸せになることの難しさをや意味を考えさせられてホロっとします。

そして白い羊と黒い羊とは…?

かわいくて、ときめいて、じんと来る。
メッセージ性もあってストーリーもきちんとまとまっている
素敵で秀逸な映画です💛(⋈◍>◡<◍)。✧♡💛

 


 

もう中古しか扱っていないようですね💦



 

こちらはレンタル落ちの分とっても安いです。
※価格はそれぞれ、ブログアップ時のものです。

数秒間のロマンス

監督:Emmanuelle REMY, Christelle ALION,
Tom CASACOLI, Nolwenn EVE, Lorenn LE BEC
(名前がむちゃくちゃ長いわけではなく、多分5名での合作)


25分ほどの短編映画ですが、
画面はかわいいし
女優さんは美しいし
世界観も素敵!



セリフのない無声映画ですが
きちんと情景が伝わってきます。

男優さんが若干オーバーリアクション気味ですが…(笑)

トーリーは、毎朝電車通勤する男性が
すれ違う対向車線の電車内にいる美女に魅かれるお話。




これがこの世界の電車。
かわいいっ!

彼は彼女の気を引こうと毎朝いろいろと工夫を凝らして
笑顔を返してくれるようになる。



しかし徐々に彼女はそっけなくなっていく。
ある日、彼女の姿が見えなくて…。



この映画もdTVで観ました。
こんな短編もカバーしてくれているので
映画館では絶対に出会えないような作品にも
出会うことができます(*´艸`*)

この映画、長編で観たい!!
すごく美しい世界感で大好きです。
25分はあっという間っ。
短いよー。
つまんない作品は10分でも苦痛なのに不思議(笑)。



 

大人になりたい

監督:ジョエル・オリヴィエ

 

やんちゃ娘のルーシー。

サンタさんを信じていて、
「学びたいことが学べないから」学校は嫌い。
シラノ・ド・ベルジュラックが好き。
ローマの休日オードリー・ヘップバーンも好き。

「クソ」という言葉のスペルを質問して教室を出されて
「ケツの穴」というスペルを質問して校長室に呼び出される。

ちょっとしたことですぐに怒られるから早く大人になりたい。
そしてローマの休日にも憧れているので、
大人になったらローマをスクーターで走りたい。

ローマの休日が好きだから
ローマをスクーターで走りたいなんて、
恋を知らない子供らしい短絡的な発想でかわいい(*´ェ`*)




願いをかなえてくれる妖精が出てきます。
妄想っ子かわゆい(*´艸`*)
大人にしてって頼んだら
できるけど10年くらい時間がかかると言われて、
役立たずな妖精ね」とあきれる。
生意気な美少女ってかわいくって大好き(⋈◍>◡<◍)。✧♡

子供らしくてやんちゃなルーシーの
日常の一コマを描いたわずか14分ほどの短編映画です。

アメリに影響を受けているような作風ですが
ただの真似だけではなくて
きちんとかわいく仕上がっていて好きです💛

この監督の長編映画を観てみたいなぁ🎵

この作品はdTVで視聴しました。
月額540円でたくさんの映画を視聴できるので
オススメです(*´∀`*)

Amazonのプレミアム会員も良いのですが
一括が大きいのと、スマホで閲覧したときに
スクショが撮れないのがネック・・・。

7/28まで、追加料金なしで
パイレーツオブアリビアンも観られますよ♪


ヘルタースケルター

監督:蜷川実花
出演:沢尻エリカ水原希子桃井かおり


女子がなりたい顔ナンバーワンのリリコ。
夢のように美しいリリコ。
表紙を飾った雑誌は飛ぶように売れる。
伝説のモデル・リリコ。


見た目はパーフェクトなのだけど性格は最悪。

彼女は整形美少女。

違法な上、常にメンテナンスをしないと
副作用が出てくる整形方法。

きれいじゃなくなったら自分の価値はなくなる。
もっときれいな人が出てきたら自分の価値はなくなる。

美しい故に、その美しさのため強迫観念に苦しむ。


内容も面白いですがやはりその映像美は圧巻。



そして主人公リリコにぴったりの
夢のような美貌を持つ沢尻エリカさん。

めちゃくちゃはまり役です。
美しい美しい夢のような2時間です✨

さくらんも良かったですが、
沢尻エリカさんの二次元のようなかわいさが圧巻です。

 

生々しいシーンもたくさん出てきて
ちょっと気持ち悪く感じる部分もありますが、
それでも好きな作品です(⋈◍>◡<◍)。✧♡


 

 


 

 


 

 

 

ヤン・シュヴァンクマイエル監督のアリス

皆様おなじみの冒険少女・不思議の国のアリス
ヤン・シュヴァンクマイエル監督が撮ったらこうなった!!

彼の作品の大ファンで、中でも短編集とアリスが特に大好きです(⋈◍>◡<◍)。✧♡

アリスのあらすじは広く知られていると思いますので
今回は監督について少し。

ヤン・シュヴァンクマイエル監督(以下、監督)は
チェコプラハ生まれのシュルレアリスト
アニメーションの巨匠と呼ばれています。

アリスの画像は実写なのにアニメーション??と思いませんか?
彼は実写でアニメーションを撮るセンスと根気がある監督なのです。

CGは一切なし。
アナログ勝負。

コラージュや人形やはく製やトランプ・・・。
いろんなものの画像をつなぎ合わせてアニメーションに仕立て上げるのです。
ピングーやチェブラーシュカと言えばわかりやすいでしょうか。

作中で大きくなったり小さくなったりするアリス。
大きなアリスは画像の美少女ですが、小さくなったアリスは何と人形で表現。


シュール。
だが、それがかわいい。



”アニメーション”と表現される雰囲気は
予告編をご覧いただくとわかりやすいです(*´艸`*)
↓↓


静かな音楽、暗い映像、擬音だけで進む場面・・・。
グロテスクな表現はないのに悪夢感が漂う映画です。

私は彼を知らない人に説明するときは「チェコティム・バートン(毒多め)」と表現します。
ティム様よりも不穏な毒を孕んではいますが、その作品の持つ特有の暗さにどことなく共通している箇所があるように感じるのです。

独特の悪夢感が共通していると思いませんか??
この悪夢感が癖になる媚薬のよう・・・(*´ェ`*)

毒を含むかわいさを好きな方には特に気に入ってもらえるのではないかなと思います。

余談ですが・・・。
私はこの作品をVHSで持っているのですが、DVDに焼くための環境を整えるかDVDを購入するかずーっと悩んでいます。
最近はあまりビデオデッキが売っていないし、売っていても高いし・・・。
テープの劣化もあるのでDVDを購入する方が良いかなぁと思うのですが、結構持っておきたいVHS作品があるので全部を買い直すとなると・・・。

という感じで悩み中です(;^ω^)

↓左からDVD、ブルーレイ

 






ヴァージンスーサイズ

監督:ソフィア・コッポラ
出演:キルスティン・ダンスト


【あらすじ】
1970年代のミシガン州が舞台。
リズボン家の美人姉妹は13~17歳の年子。
セシリア、ラックス、ボニー、メアリー、テレーズ。

厳しすぎる母によってがんじがらめに育てられる。
数学教師であるリズボン氏は、少し厳しいと感じながらも妻の方針に合わせる。
男の子との交流は厳しく監視されて自由にはできない。
そんな姉妹たちの、美しい詩のように残酷なお話。

ヴァージンスーサイズ(乙女の自殺)。

 

 

 

最初の自殺者はセシリア。



手首を切って自殺未遂。
セシリアの退院祝いにパーティを開くも、セシリアは憂鬱。
飛び降りて自殺。


スパイダーマンのヒロインや、マリー・アントワネットでおなじみの
キルスティン・ダンストちゃんが14歳のラックスを演じています。

透明感のある無機質な美しさが、作品全体を幻想的にしています。


そんなラックスに夢中になる学園一の人気者のトリップ。
ほかの女の子はすぐ彼になびくのに、ラックスは彼に冷たいので戸惑う。

彼はダンスパーティにラックスを誘いたいと、リズボン氏に相談する。
リズボン氏は妻と相談して、「リズボン氏同伴」「グループでの参加」を条件に参加の権利を勝ち取る。




家に招かれたトリップ。
お母さんが娘たちをガッチリガード。

 


パーティに参加するためのドレスはリズボン夫人のお手製。
まるで布袋のように少女たちの魅力をを包み隠すデザイン。
それでも彼女たちは美しかった。

 

パーティではラックスとトリップがベストカップルに選ばれる。
表彰のあと2人は外に出て、校庭で夜を明かしてしまう。

それまでもご近所さんが眉をひそめるほどの厳しさでしたが、そのあとからが乙女たちの本当の地獄。
ラックスが門限を破ったことにより、母による監視が今まで以上に厳しくなる。
外出禁止は当たり前、学校にすら行かせてもらえない。
今なら虐待で訴えられるレベル。

 



かげろうのように儚く美しい少女たち。
残酷なのに悲壮感がないのはやはり無機質な雰囲気のおかげだと思います。

 



少女たちと少年たちがレコードを使って電話でやり取りするシーンが印象的で涙が出てきます。



抑圧・監視・禁止で自由がない美しい少女たち。

海での遭難者が喉の渇きに苦しむように、
強すぎる母の愛に埋もれて
愛情を得られない少女たちは窒息死してしまう。

美と若さは誰にでもあるわけではないのにとても残酷だ。

 

 

印象的なセリフはセシリアが自殺未遂した時にお医者さんとかわす会話。

「どうしてこんなこと(自殺)をしたんだね。人生の辛さも知らない年齢で・・・」
「先生は13歳の女の子じゃないもの」

13歳の女の子の辛さは大人の男性にはわからない。

 

私はこのガラス細工のような物語とは大人になる前に出会いました。
今もずっと心に残っていて、ふと繰り返し観たくなります。
思春期~二十歳までに見る映画は心の一部になるものが多いように思います。

現在、DVDの新規販売はないようです。
とても大好きな作品ですので再販してほしいです。
そして、たくさんの乙女たちに美しい世界を体験してもらいたいです。



◆予告編動画◆

 

 


 

原作本は今でも販売があります。
そのうち読んでみたいのですが、映画が好きすぎて
なかなか勇気が出ません・・・。

 

世界観にぴったりの音楽はエール。